新潟の出会いに吹く風に触れることができます

新潟の出会い

見下ろすと、頬に触れることができます

神が私に手渡し
初冬のシーズン
新潟の出会い
上勝瀬

太陰暦の10月頃の西風。
出雲に集まる神々を送るために吹く風を意味します。もともとは船乗りの言葉だと言われていました。

とにかく、草が倒れて神に引き渡された

新潟 出会い

(片山由美子)
神のように飛び散って飛ぶもの
(稲葉Re子)
杉や杉の実を落とす
(下村梅子)

また、季節の用語「神の旅」もあります。落語の途中で温泉で使用される神の「神の旅」の俳句もあります。

風の強い日だと思った
(宮津明彦)

変わらない何かをする多くの俳句があります。

新潟の出会い
同じ意味を持つ2つの季節があることは興味深いです。
風/木ではない風。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です