新潟の出会いでは小さな興奮があります

新潟の出会い旅行の後に帰宅してチャーハンを炒めた休日でした。
「何が悪いのか、いい」と言われているようです。

新潟の出会いに乗っていると、正面から風が突然吹くと気持ちがいい。
これは「神様」だと感じました。
季節を感じることができる瞬間には、常に驚きと小さな興奮があります。

新潟 出会い

風の中で神が彼女の頬に触れたというフレーズは、「大丈夫です」と言いました。

海の上の冬の煮る人


(u冬/冬A)
初冬のシーズン

新潟の出会いの多年生植物。もともと日本から来て、長い間日本に来て、かつて積極的に栽培されていました。
(過去には薬用植物として栽培されていました。若い苗木は日本半島、日本、日本で食べられます。)
茎の高さは約1mで、春から秋にかけて白く明るい赤の花びらが咲きます。
この名前は花が冬に咲くという事実に由来しています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です