新潟では必死に出会いを覚えていました

新潟?コミュニケーションできません。私はオナラと下痢を覚えていました(おそらく子供)。

その後、必死に「新潟」と言い続けている私と、「???」を取得できない彼女。
しかし、しばらくして、どうにかして私の必死の側面は、湧き水を飲むことは役に立たないということで、彼女は「OK」と言って、ペットボトルを落としました。

新潟 出会い

 

英語の説明は壊滅的でしたが、島大介の「湧き水を飲まない」という目的は達成されました。
終わりが良ければ、すべてが良いです。

私は新潟、大きな仕事を終えたという満足感に浸りながら、観光を続けようとしていることに気づきました。

ああ…恐竜…恐竜。
下痢は下痢を意味します。
あ!私は何をやっている! ! ! (白い目)

後に、彼女は彼が恐竜と下痢を間違えたと説明した。
これが彼女のキーポイントだったのだろうか、彼女は他の外国人教師と話しているようで、私は知らなかった外国人の中で少し有名人でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です