新潟の出会いが現実だと気づきました

2階の窓から校門を見ていると新潟の出会いのケイちゃんが隣に並んでいて、新潟の出会いを押しながら家に帰っているのが見えました。

ついにそれが現実だと気づきました。

あくん。

私がいつも好きだった人。

不可能だと思った女の子と家に帰ります。

気づいた時、誰もいない新潟の出会いで大声で叫んでいた。

5年間の愛が終わった瞬間でした。

いくら好きでも、言わない限り何も起こりません。

それは私に気づかされた14歳の夏のイベントでした…
昨年診断
胸郭出口症候群の治療を再開しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です