新潟の出会いでは私は鈍感だと確信しています

純粋な心
神聖
新潟の出会い
オーラル
救済
離れるのが大好き
私を救ってください…など

新潟の出会いがそれを言っていました。
「私を救ってください、私は怖いです」

ああ、それはそれがキャプチャされる方法です。
言葉をとらえる感覚の違い。
私は鈍感だと確信しています。

私は単に
「ねえ、仏。案内してください」という印象を受けました。

彼女は「私を救ってください」というエゴと必死の渇きを感じたと言いました。

何も正しくありませんが、後者はうまくフィットしていると思います。

冬に蓮を見ると、それがうまくやってくる理由だと思います。

枯れた茎は細い老人の腕のように乾き、粉々に砕けて腐り、冷水に浸します。

安堵していない悲しみが悲惨に見えるのを見るしかない。

新潟の出会い

昨日(8月19日)
畑をさまよっていると、他の人に蓮がないか聞いてみました。

かつての10分の1以下ですが、南の角でまだハスを育てているとのことでした。

花が閉まった後の時期が近かったので、すべて閉まりましたが、完全に消えたわけではありません。